スポンサーサイト
【 --/--/-- --:-- 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
近況
【 2007/09/21 00:12 】
 名作を読もう!というのはここ何年かで自分の中のテーマとはしていたのだけれども、最近はあまり進んでいません。以前からずっと読もうと思っていた「悪童日記」には案の定、はまってしまいました。

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)悪童日記 (ハヤカワepi文庫)
(2001/05)
アゴタ クリストフ

商品詳細を見る


 戦争を逃れておばあちゃんの元へ疎開をした双子の少年達が残した記録。簡易な文体、簡潔な章。一人称?(二人で書いているという形式をとっているものの、ぼくらと表して区別はつかない。)の冷酷とも思える周囲の人達への冷めた目線。子供は純粋、何も見ていない、と思っている人にとっては嫌悪感すら抱く内容かもしれません。青春、理想といった綺麗ごとはまるで描かず、ただ現実を記すというの戦争の過酷さを感じました。
スポンサーサイト

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

book | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<2007年観劇記録 | ホーム | 久しぶりに>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://taurusantenna.blog8.fc2.com/tb.php/318-8591dbf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。