スポンサーサイト
【 --/--/-- --:-- 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
ロミオ&ジュリエット
【 2007/02/07 21:24 】

2月4日(日)マチネ 10列目サブセンター上手
2月4日(日)ソワレ 1列目サブセンター 下手

激しくネタバレしていますので未見のかたは読まないほうがいいかも。
Prologe
周りは夜空で星空。回廊の屋上を「死」が歩いている。アレンジも変更。
ナレーションに女性の声も混じる。

Verone
下手がキャピュレット、上手がモンテギュー。
初演のときと逆になっていました。終始この立ち位置が変わらない
ようになったのは分かりやすくなっていました。

La Haine
キャピュレット夫人は下手の2階。モンテギュー夫人は回廊の2階。
アンサンブルの人たちが下で戦っています。ものすごい身体能力を
見せています。
このあとベンンヴォーリオがモンテギュー夫人にロミオ探してきてといわれる。

Grosse
パパと乳母の新曲。キャピュレット家では召使たちがお掃除。
回廊の屋上部分ではマキューシオとキャピュレット夫人が
いちゃいちゃ。

La Demande en mariage
パリスは変な衣装ではなくなっていた。
ただまったく歌わなくなっているのでたぶん歌詞が変わっているハズ。
このとき初演ではマキューシオのシスコンぶりが見られるんだけど
なくなっていて残念。

Un jour
ようやくロミオ登場。

A la vie,A la mort
モンテギュー3人の新曲。

Les Rois Monde
R&Jで一番盛り上がる曲の1つ。
ダンサーの身体能力の高さにしばし呆然。
前回よりも3人のビジュアル面のバランスが良くなった。

J'ai peur
ロミオが歌っているところで死がまとわりついてる。ここの演出も
好きなんだけれど、やっぱり白の衣装がいいなあ。

Bal
完全にウィーン版の影響だと思われるけど衣装が白に。素材感が
安っぽい。そしてへんな動物のかぶり物をしていたりして変。
スカート丈が短いのが多いからサポーターがそのまま見えるのが
ちょっと変なんだよね。マキューシオがジュリエットを追っかけるといった楽しさが
なくなってた。

L'Amour Heureux
トサカをとって歌っていたのにはほっとした。

Bal2
ヨーヨーみたいなのをまわしているのがなくなっていた。
ジュリエットにキスをして一触即発の雰囲気。ティボルトが
切れまくっているけどキャピュレット伯にどなりつけられて
しょんぼり。

C'est pas ma faute
L'Amour Heureuxと同じで周りは動かなくて、次々と
倒していく。

Le Balcon
バルコニーシーン。かなりジュリエットの歌がビミョー。

Par Amour
修道士もビミョー.

Les beaux et les laid
乳母がモンタギュー一派にからかわれるシーンだけれど、
初演にくらべればコミカル度は減った。

Et Volia Qu'elle Aime
乳母が持っている花が白のバラに変わっている。

Aimer
初演ではここでも死が2人のそばにいてまとわりついていたけど、
回廊の上部分にいて他何人か死の分身みたいなのが踊ってた。
舞踏会シーンで白をつかったからなんだけど、あまり結婚式らしくない。

カットされてしまった曲
<1幕>
Tu Dois Te Marier
Grosseが入ったからだと思うんだけれど正直こちらのほうが好き

Le Poete
詩人がカットになっているから当然の成り行きでしょう。


Je veux l'aimer
ロミオジュリエットのデュエット曲なんだけれど
On Dit Dans La Rueを削ってまでの入れることはないな。

C'est le jour
ジュリエットへの愛が見えないのにこれを歌われてもなあ。

La Folie(Mercutio)
この曲がはいったので次へのつなぎがスムーズに

Le Duel
マキューシオが熱い。若さゆえの大暴走。
挑発しまくってこれじゃティボルトもきれるわ。

Mort de Mercutio
今回「死」にキスされるのはマキューシオだけ。
マキューシオが死んでしまったと分かったときに
キャピュレット家の人たちはティボルト冷たかった。
手を振り払ってたよ。

Quel est le prix
ロミオが追放を言い渡される。

Duo du desespoir
担架も何も使わずリフトで運ぶ。

Le chant de l'alouette
ここでダミアンの胸毛で。。。
案外あっさり別れる。ウィーン版のロミオが裸出て行く
というちょっと笑いのシーンというわけでもなかった。

Demain
周りからパリスと結婚しろといわれて八方ふさがり。
ウエディングドレスを用意されていた。
最後のNon!がもっと高い声だと可愛いと思う。

Avoir une Fille
パパの娘を思ういい曲なんだけど、ジュリエットは窓からの
影のみ。本当に親子断絶というかんじでした。

Le Poison
パリスと結婚させられそうになって修道士を頼る。
あの軽い修道士だったら失敗するのは当然だろうと思わせる。

Sans elle
ヴェローナからちょっと離れただけなのに砂漠だよ^^;

Verone 2(Le Prince)
なぜこの曲に。カットされたLe Pouvoirの方がいい曲だと思う。

Comment lui dire
ジュリエットの死をどう伝えようか思い悩むベンヴォーリオ。
砂漠の皆さんに囲まれながら歌っていました。
ロミオに会って2人が去った後に使者の「死」が手紙をとりあげる
びりびりに破いていました。

Mort de Romeo
「死」はいるけどロミオへのキスはなし。霊廟のところには
なぜか白い花がついている粗末な木が。
死のキスではなく毒薬飲むという死に方に。

Mort de Juliette
ジュリエットが目覚めたときにまだロミオは完全に死んでませんでした。
これもまたウィーン版と同じ演出で悲劇性がましていました。

J'sais plus
修道士の聞かせどころなのに、歌唱力が。。

Coupables [Final]
両家の和解。その様子をみながら「死」は扉をしめてでていきました。
スポンサーサイト

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

ミュージカル・演劇 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<すべてがFになる | ホーム | ロミオ&ジュリエット>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://taurusantenna.blog8.fc2.com/tb.php/307-252e9ffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。