スポンサーサイト
【 --/--/-- --:-- 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
ベルギー王立美術館展
【 2006/09/14 12:41 】
『ベルギー王立美術館展 ?ブリューゲルからデルヴォーまで?』

 雨のなか国立西洋美術館まで。雨だからきっと空いているだろうと思ったら案の定でした。企画展でこんなに空いているなかみるのは久々でした。ベルギー美術400年の歴史を展望というものだったのでちょっとテーマが広すぎるように思いました。
 今回の目玉はブリューゲル父作とされる「イカロスの墜落」
イカロスはギリシア神話の人物。ミノス王の不興を買い、父ダイダロスと塔に幽閉されてしまう。彼らは蝋で鳥の羽根を固めて翼をつくり、空を飛んで脱出したが、調子に乗ったイカロスは高く飛びすぎて、太陽の熱で蝋を溶かされ墜落死した。この場面を描いたものですがダイダロスは描かれていないし、イカロスは足だけ。そして農民はイカロスのことなんてまるで知らないように仕事を続けているというのも面白い。ダイダロスが誰か思い出せなくて帰ってからギリシア神話をチェック。ミノタウルスの迷宮を作った職人だったか。

スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

展覧会 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<敦-山月記・名人伝- | ホーム | 風神・雷神>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://taurusantenna.blog8.fc2.com/tb.php/282-65c9226b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。